自費出版は京都、大阪のライティング株式会社へ

今日の一言

鈍感な私...:2017/10/07

 8月末、尾瀬に行ったときのことです。
 そうです。
 あの「はるかな尾瀬〜、遠い空♪」の歌で有名な尾瀬ですね。
 水芭蕉で有名な尾瀬の湿原は、2つの山で挟まれているのですが、そのうちの一つ、至仏山にカメラを向けて写真を撮った一枚を、私の母親に見せたところ、
「この雲、龍、みたいやで」というのです。
 
 尾瀬から一カ月後のことです。
 大阪の南部のほうの「お客様」(自費出版希望)のところに出かけました。
 そのお客様は、僧侶であり、そのお寺は以前、廃寺になっていました。
 ですが、お客様が住職として、そのお寺を継ぐことになり、その顛末をお聞きしていたところ、このお寺は「八大龍王」が祀られているとおっしゃるのです。
 八大龍王の石碑も見せてもらい、参拝しました。

 それから1週間後のこと。
 新潟県の「お客様」(自費出版希望)のところにお伺いさせていただくことになり、アパホテル上越妙高に宿泊することにしました。
 すると、ホテルで光のイルミネーションというイベントをやっていたのです。そのイルミネーションのテーマが「龍」。何体ものきれいな龍を見せて現代的なアートの感覚で見せてもらえました。
S__333922310.jpg

 龍のイルミネーションをみた翌日。
 予定では、近くの妙高山をロープウエイで登り、山頂付近をトレッキングするつもりでした。
 ところが。
 当日は、暴風雨。
 なので、ロープウェイは休止となっており、妙高山トレッキングも止めざるを得ませんでした。
 代わりにどこにいこうか。
 神社詣でが、趣味の私は「長野県 神社」でネット検索してみました。
 すると、検索の結果は、諏訪大社が第一位に表示され、二番目に戸隠神社、と表示されたのです。
 そこで、戸隠神社についてさらに検索すると、3つほどの場所の離れた社で構成されており、もっとも由緒がある奥社にいくには、駐車場から山道のような参道を2キロも歩く必要があるとのことでした。
 この暴風雨に、山道2キロは、危険だ----
 そう判断したはいいものの、実際に参道の入り口に来てみると、
 同行していたYさんが、こういいました。
「これぐらいの雨、大丈夫ですよ」と。
 二キロの山道を往復で歩くと、最低でも2時間ぐらいはかかりそうです。
 登山やトレッキングは「怖がって、中止したり、引き返すぐらいの判断ができて、ちょうどいい」と思っている私は「取りやめ」、でもそういった知識のないYさんは「決行」となり、判断が分かれました。
 でも、私は彼女の判断を重んじることにしました。
 なんとなく、それが正解だったように感じたからです。
 そこから片道2キロの、山道をふたりで黙って歩きはじめました。
 やっと到着したその奥社の名前は「九頭龍社」。
 あとでわかったことですが、九頭龍は八大龍王のなかのひとつだそうですね。
 
 帰りの新幹線の上越妙高駅に到着して、ちょっと時間があったので、名残惜しく今日回った妙高山、戸隠山などを、駅の大きな窓から眺めていると
「あの雲、龍みたいですね」
 とYさんが言うのです。
 その雲は、たしかにそうでした。
 3週間前に、尾瀬でみた、あの龍の雲にソックリでした。

 3週間前の尾瀬での天気は、前日に、寒冷前線が透ったあとのものでした。
 戸隠神社を訪問したあとの天気も同じく、寒冷前線のあとのもの。
 上空はかなりの強風が吹きやすくなっていたと思われます。
 自然現象を科学的に分析すると、同じような天気で、同じような雲が現れるのは、偶然でもないですし、珍しいものではないでしょう。

 でも、これだけ「龍」が登場して、私はハッと気がついたのでした。
 ほんとに、ここまで気がつかなかったのです。短期間のうちに、
 尾瀬の龍、大阪の八大龍王、アパホテルの龍のイルミネーション、戸隠神社の九頭龍社、そして上越妙高駅での龍......

 考えてみれば大阪の「八大龍王」を祀るお寺にでかけたのは、お会いしたこともない、はじめてのお客様からの「どうしても...」という私個人へのご指命でした(不思議ですよね)。
 それに、龍をまつる戸隠神社へは当初の予定にはなく、天候が急変し、仕方がないのでお詣りしたという経緯があります。


 龍に導かれている?!


 鈍感な私は、神様から
「これでもか、これでもか」
 というほど、「龍」を見せられて「やっと」私はこの事実に気がついたのでした。
 
 ものの本によると、神社にお詣りするときに、雨が降ったり、天気が急変したりするのは、最高の吉兆だそうです(この後、調べてはじめて知りました)。

 また、神社にお詣りしたあとに、龍のような雲があらわれるのは、よくあることだそうで、これは龍神さんが「あなたが神社で願われたことを、後押ししますよ」というサインだそうですね。

 そういえば、私は神社にいくと、不思議なことに遭遇することが多いです。
 そのうちのひとつだけ、紹介しますと...。

 最近は毎年、伊勢神宮にお詣りにいくのですが、昨年のことです。
 内宮でアマテラス様に手を合わせたところ「御簾」がさっと、風にあおられたのです。
 
 この現象も、精神世界では、最高の吉兆とされており、神様があなたを「守っていますよ」というわかりやすいサインだそうです。
 たしかに、お詣りしたときは、風はまったくなかったのに、そのときだけ、内宮の御簾がさっと上がったのです。

 不思議な現象を、上げるのはもうこれで、よしておきます。
 言い過ぎると、信じてもらえませんからね。
 まだまだ、眉唾ものの体験というのは、ほんとうにたくさんあるのですが。

 最後にひとつだけ。
 なぜ、暴風雨なのに、戸隠神社行きを決行しようという、Yさんの意見を尊重したのか?
 それは、Yさんの目がまるで「龍のよう」だったからです(笑)。

 尾瀬での写真です。
IMG_0057.JPG


尾瀬に行ってきました!(2):2017/09/13

前回の続きです。

前泊した尾瀬戸倉にて、翌朝8時には目が覚めました。
でも、外はあいにくの雨。
私は「晴れ男」なので、止むだろうなと思っていたら、
出発直前には、本当に止んでくれました。
きっと日頃の行いが、よいのでしょう。笑

さて、タクシーにて登山口である鳩待峠に到着。
11時ぐらいに出発で〜す!

鳩待峠から、尾瀬ヶ原までは、ほぼ下りのみで、なんなく30分ほどで到着。
「クマが出没します」と地元の警察官の方に注意をうけましたが、
前もって「クマ鈴」をつけていることも有効だったようで、
夢にまで見た、憧れの尾瀬ヶ原に、ついに到着です。

残念ながら、花が咲き乱れるシーズンは終わっていたのですが、
それでも、充分にきれいでした。

「はるかな、おぜ〜、とお〜いそら〜」と、
あの有名な歌を歌いながら、尾瀬ヶ原を3時間ほどかけて半周しました。
ひとりなので、歌でも歌わないとやってられません。
一人トレッキングというのは、意外にさびしいもんです。はい。

IMG_0042.JPG
写真は、至仏山です。
明日はここに登るのか〜と、おもうと、身が引き締まる思いです。


2泊目は、尾瀬ヶ原の西の端にある、尾瀬ロッジに宿泊。
朝6時に朝食を食べ、7時に出発。
悪戦苦闘しながらも、8時30分には、至仏山、頂上着。
あんまり気持ちいいので、2時間ほど頂上でゆったりし、
景色を楽しむことにしました。

帰りはすんなり下山でき、
前泊した尾瀬戸倉温泉で、ひとっ風呂、浴びました。

今回の尾瀬行きは、新潟のお客様と取材の仕事があったので、
実現できました。お客様は、ほんとうに神様です。

また、そのお客様には、残り5回分ぐらいの取材が残っています。
つぎは、どこの山に登ろうかな、と、期待も膨らみます。











尾瀬に行ってきました!(1):2017/08/30

社長の高木です。

私の趣味は、あまり言いたくありませんが、NHKの早朝や深夜にやっている、自然のきれいな映像がナレーションなしで、延々と放映されているような番組をみること、です。(^_^;)

あるとき。

「映像詩・尾瀬」という1時間ぐらいの番組をダラ〜とみているとき、
「尾瀬に行ってみたいな...」と、突然ひらめきました。

いつ行くか?
来月、それとも来年の夏?
そんなこと行ってたら、一生、行けない気がしてきました...。


ちょっと古いですけど...

いま、でしょ!

ということで、さっそく行ける日時を探すことに。

ありました。ありました。
すぐに見るかるもんですね。

その週末、ちょうど新潟に出張があったのですね。
新潟の自費出版ご希望のお客様の取材が、あったのです。

そして、あっという間に一週間が過ぎました。

無事、新潟のお客様の取材を夕方に終え、
その日のうちに、北陸新幹線、上越新幹線を乗り継ぎ、
上毛高原駅から、軽のレンタカーを借り、尾瀬の登山口にあたる
尾瀬戸倉温泉の旅館、一仙さんに到着。

S__1466375.jpg

夜の9時ぐらいでした。

夜の遅い到着でしたが、
なんと、当日は宿泊は私だけだったので、貸し切り状態。
温泉を独り占めできたので、仕事で疲れた体力を回復させることに成功しました!

明日は、天気になあれ。







グーグルさん大丈夫ですか??  白山比咩神社への参拝:2017/07/26

IMG_0058.JPG

北陸に取材に行ってきました。
今年二回目です。

前回は、富山、金沢を回ってきたので、観光はすこし違ったところに行こう!
と決意し、グーグルマップで、いろいろ探しておりましたところ、取材先(北陸先端科学技術大学院大学)の近くに「いいところ」が......。

距離を測ると、たった5分ほどじゃないですか!

もうこれは行くしかない!
ということで行ってきたのが「白山比咩神社」です。

メンバーは3名。
私と、弟子と、お客様(取材の依頼主様)です。

お客様は早朝から東京を出発され、わざわざ当方の取材にご同行くださり、せっかくなので、ご一緒に行きませんかとお誘いしたところ、二つ返事でご同行をご了承くださいました。

旅は道連れ──

これは江戸時代の昔から変わりません。
一人よりも二人、二人よりも三人が、圧倒的に、楽しいですからね!!
(^^)


さて。

午後3時ごろ、取材が無事終わり、レッツゴーということで、クルマを出発させますと、いつもながら困ったことが起きました。

そうです。

グーグルマップの道案内で、道に迷ってしまいました。(^_^;)
お客様もお乗せしているのに......。

たしかに、「指定の場所」に到着するのですが、入り口がなかったり
裏口に誘導されたり、というのが、グーグルマップあるある、ですよね...。

グーグルさん。

AIを開発するのも、自動運転車もいいですけど、
その肝腎の自動運転車は、御社のマップで、そこにいくことになると思うのですが、大丈夫ですか〜〜??

話がそれました。

まず、参道がすばらしかったです(表参道)。
それが冒頭の写真です。

参道は、山の斜面の西側なのですが、樹齢数百年は超えようという大木たちの影になっていて「いいかんじ」で苔むしているのです。

まるで、おとぎの国に誘われるような、不思議な気持ちになります。
この参道だけでも、行く価値あり、ですね。

本殿も最高でした。

本殿前で手を合わせていると、身体中に「電流」が走りました。
ほんのすこし、霊感体質なわたしは、こういうのを、感じやすいのです。(笑)

これからも「電流が走る神社」にたくさん、行ってみたいですね!






古代日本には万里の長城があった!:2017/07/11

P7110760.JPG
※写真は、事務所からすぐ1分の京都の町並み



ライティング株式会社、本体のブログのほうで、宗像大社の世界遺産登録について、書かせていただきました。
https://www.righting.co.jp/blog1/2017/07/post-232.html

宗像大社は、九州なので、最近驚いた九州ネタをひとつご披露します。

羅城ってご存じですか?

羅生門のことではありません。
歴史の専門用語なので、ほとんどの方は知らないと思います。

羅城とは、古代中国にあったとされる都市の様式です。
イメージとしては、都市全体を、何十キロにも渡って、何メートルもの大きな壁で囲っているようなものを想像していただければと思います。

中国は広大な土地があり、都市と都市の間は、すごく遠く、異民族などの侵入もふせぐため、基本的に都市というのは、羅城にする必要があったのです。

ですが、日本の場合、戦争があるといっても同一民族がメインですから、都市の住民が皆殺しにされるとか、そういったことはなく、羅城はないと、されてきたわけです。

※唯一例外なのが、豊臣秀吉が京都に作ったとされる、御土居です。
http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/page/0000005643.html

ところが。

先日の、NHK・BSプレミアムで放送された「英雄達の選択」のなかで、西暦663年の白村江の戦いに敗れた日本は、唐と新羅が攻めてくることを怖れ、九州の太宰府周辺を、万里の長城のように、囲いつくして、羅城にしている可能性がある、という内容のことが放送されました。

イメージは以下を参照
http://aomatsu123.blog.fc2.com/blog-entry-152.html

まさか、日本に羅城があったなんて!
古代の歴史ロマンは、まだまだ、私たちの知らないことばかりですね。

ところで。

ページ一番上の写真は、戦国時代に京都を囲ったといわれる、御土居の一部です。
当社事務所から歩いて「たった1分」で行けます。

京都にお越しの際は、事務所にお立ち寄りください。
ご案内させていただきますので。(^_^)










a golden tooth:2017/07/03

tooth.png
これはなんだかおわかりでしょうか。
かわいいでしょ。

金歯です。

私は生まれつき、歯が悪いようです。
また兄弟が多く、3番目に生まれたので、とくに飴チャンやチョコが親から禁止されたこともなく...。もうかれこれ、20年以上は、歯医者さんに通っています。

一カ月ほど前。

奥歯の状態がよくないと、歯医者さんに言われ...。
交換したほうがいいと思いますけど、保険治療、金、セラミック、どれにしますかと尋ねられ、耐久性が高いとのことで、金にしました。

ゴールド。

たしかに、前歯に入れるには、そんな根性はありませんけど(^_^;)
奥歯なら、いいかと。
縁起もいいし、いちど、いれてみようと決心し、人生初の金歯となりました。

この金歯は私の友人の山口成隆さんが作ってくださいました。
http://www12.plala.or.jp/ningen/index.html
めちゃくちゃ腕のいい、技工士さんです。

特別に1万円追加し、この金には、生体エネルギーという特殊なエネルギーを施してもらいました。

口から悪いモノを食べてしまったとき、浄化してくれるそうです。
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20150326/Messy_8070.html
検索するとエグザイルのアツシがはまっているとか、出てきますが...。

まあ、よしとしましょう(笑)

金歯さん、せめて20年ぐらいは、がんばってくださいね!
大切にしますので。


和田竜著「忍びの国」を読んで:2017/06/27

shinobi.png

テレビを見ているとCMの数が半端なく多いのが「忍びの国」。
さらに、嵐のリーダー、石原さとみが主演という、完璧な布陣なので、
話題になる前に読んでおきました。

ストーリーは、普通ですが(これは史実なので仕方がありません)、
ちょっとした忍術の解説が面白かったですね。

たとえば、忍者が、地を這っているときに、
地面の土を、舐めてみるような記述がありました。
塩味がすると、人が通っている道、
しないと、人が通っていない道、というような判別がつくようです。
それで、いま、自分が進もうとしている方向が正しいかどうかと判断したりするようです。
このようなちょっとしたところに、リアリティが感じられますね。

自分の不勉強ながら、忍者といえば、藤子不二雄の「忍者ハットリ君」
ぐらいしか思い浮かばない世代ですが、(^_^;)
この小説のなかでは、忍者は、伊賀の下人(もっとも人格が低い存在)であり
すべては「お金」の価値観だけで「人生の選択」をするというところが、
設定上、無理がなく、これなら主演のリーダーも、きっとおもしろおかしく
演じられることだろうと思いました。

よし、見に行くぞ、と決意を固めたのですが、
WOWOWが協賛しているようなので、行くのを止めました。
きっと半年後ぐらいに、放映してくれるでしょう。
それに期待して、劇場には行きません。

(^_^;)


「蒼煌」文春文庫 黒川博行著 を読んで:2017/06/13

soukou.png

最近はスカパーで放映された「疫病神」シリーズが好評になり直木賞をとったり、「後妻業」を書いた後に実際に同様の事件が起こったりして、注目を浴びつつあるのが、黒川博行氏である。書店でも大きなスペースが確保されており、これまで氏の書籍を書店で見つけるのが難しかったのが、昔のことのように懐かしい。

氏の小説が面白いのは、1小説に1テーマがかならず設定されており、そのテーマが普遍的かつニュース性のある題材であり絶妙なところ。そのテーマに基づいて、これでもか、というぐらい緻密な取材があり、関係者でも知らないぐらい深く「掘られて」おり、その分野について鋭い知見が得られるのがうれしい。

「蒼煌」は日本画をはじめ芸術界の暗部を描いた作品。大学時代に彫刻を専攻していた氏の経験が本書全体にちりばめられている。もう、5年ほど前に読んだが、面白い本というのは、すぐに誰かに渡してしまうもの。読みたいと思ったときに、すでに手元になく、でも、やっぱりもう一回読みたいと欲望がふつふつと湧きだし、二度も買ってしまうことに。

そして、二度読んだ感想ですが...
二度読んだと思えないほど、小気味のいい展開に再度、興奮。
(^_^;)

詳しい内容や書評はアマゾンなどをみてもらうとして
この小説の登場人物達は、大きく分けて三種類いる。
高齢者、中年、青年である。

私の場合は、中年なので、中年の登場人物の気持ちが痛いほど、よくわかる。
高齢者の方は、高齢者の心情に深く、同情することができる。
青年であれば、青年の登場人物達の気持ちに、すんなりとなれてしまう不思議な小説だ。

あんまり面白かったので、事務所スタッフに「読みなさい」といって、渡してしまった。「読み終わったら返してね」といって貸したけれども、私の場合、だいたい貸したこと自体を忘れてしまう傾向にある。(^_^;)

だから、きっと三冊目を買うことになるだろう。
何冊買ってもいい、何回読んでも面白い小説、です。
京都が舞台で、ローカルな地名もたくさん出てくるので、京都好きの方にも、お勧めだ。

愛媛県のお客様に取材:2017/06/06

愛媛県のお客様に取材に行ってきました。
愛媛ですが、香川と徳島寄りなので、やっぱりグルメといえばうどん」になります。

13時からの取材であり、関西からの移動のため、
12時頃には現地着を見越していました。
そして予定通り到着。

お客様のご訪問まで、1時間余裕があるので、
うどん屋さんで腹ごしらえしてからお伺いすることにしました。

店は古い感じで、一瞬、大丈夫かと思えましたが、そういうところほど味はいまいといいます。観光客はゼロというのも期待が持てますね。

nikuudon.jpeg


そして出てきたのがこれ。
肉うどんです。
肉と出汁がからみあって、うまかったです。
そして、安い。500円でお釣りがきました。


13時からの取材は、全3回中の2回目となります。
一回目を踏まえて、足りないところを、聞いていきました。
ここでは、くわしくは言えませんが......。
取材慣れしているわたしでも「目から鱗」状態です!!

よし、私も億万長者になるぞ〜!!
※なんのこっちゃ(笑)

新潟県(上越市)への出張でした:2017/02/27

新潟県(上越市)のお客様から問い合わせがありましたので、日曜日を利用してお伺いしてきました。

新潟県...。

関西からはなかなか、交通手段に悩むところです。
電車、車、飛行機などいろいろ考えられるからです。

まず飛行機は時間が一番短くすみます。
でも、直前に予約と定価で乗らなくてはいけないので、費用がかさみます。

つぎに車です。車なら、好きなところに、立ち寄ることができますし、ドライブも満喫できます。それに、最近は高速道路が整備されてきているので、日本海回りだけでなく、中央道から長野経由でも、早く到着することができます。ですが、今回は翌日に事務所にとんぼ返りですので、車だと疲れますから車は諦めました。

結局、電車で行くことに。
そうです。北陸新幹線ですね!

ただし、金沢で乗り換えないといけませんし、乗り継ぎ時間が30分以上かかることもよくあります。

私の買ったチケットは、
京都→金沢   が サンダーバード
金沢→上越妙高 が 上越新幹線   でした。
そして金沢での乗り換え時間が40分以上あったんです。

まさか、ホームでじっと待っているのも、面白くないし......。それなら、逆転の発想です。ちょうど「昼食時間」だったので、駅員さんに頼み、いったん、改札口から出してもらうことにしました。

なんと、なんと。改札口からでると、ランチの選択肢の幅がぐっと広がります。私が飛び込んだのが、ココ。GOGOカレーという店です。

P1000084.JPG

金沢はいま、カレーでの地域おこしに力をいれていて、それが観光客に人気だそうです。値段は500円から。貧乏出張には、ありがたい値段です。でも、せっかくなので、ロースカツ載せを頼むことに。

お味のほうは...
よかったです。

おかげで、新潟出張なのに、金沢を満喫することができました。
金沢で降りてよかったです!
途中下車を許してくれた、駅員さん、ありがとう。




戻る