自費出版は京都、大阪のライティング株式会社へ

ご自身の本を出版するという大きな夢は、京都本社の自費出版社、ライティングにお任せください。原稿執筆から、印刷、流通までワンストップサービス。京都、大阪、そして全国のお客様のサポートをいたします。無料の自動お見積もりフォームも搭載しています。
皆様の出版される書籍が、世に広まり、読者にも喜んでもらえるようお手伝いいたします。
自費出版希望のお客様を「真摯に」「全力でサポートするサイトです
自費出版希望のお客様を「真摯に」「全力でサポートするサイトです
ぜひお問合わせください

ライティングが選ばれる3つの理由
ライティングが選ばれる3つの理由

編集にこだわる

  • 喋るだけで、本になる!
    持ち込まれた原稿を印刷することもできますが、取材時間をいただければ、そこから原稿をおこすことができます。「本当に言いたかったこと」を抽出し、表現する。ライティングの取材・執筆技術が、これらを可能にします。
  • 担当編集者が、アイディアや構成上の適切なアドバイスをいたします。
  • 執筆、印刷、流通がワンストップサービス!
    一度ご依頼いただければ執筆、印刷、流通にいたるまでワンストップサービスが可能です。執筆のみ、印刷のみ、販売のみのご依頼も受けつけております。

安心な料金システム

「出版にかかる費用は高く、不透明だ」と不安に思う お客様は多いことでしょう。 そこで弊社は「明朗会計」を採用し、打ち合わせの段階で、明確なお見積もりをお渡しさせていただきます。 また、自動見積もりシステムをご活用いただくこともできます。

対応地域は日本全国

本社は京都ですが、大阪、東京をはじめ、日本全国のお客様に対して対面での取材・打ち合わせを実現しております。 弊社に直接来ていただくこともできます。


今日の一言

2017/10/07今日の一言 鈍感な私...

 8月末、尾瀬に行ったときのことです。
 そうです。
 あの「はるかな尾瀬〜、遠い空♪」の歌で有名な尾瀬ですね。
 水芭蕉で有名な尾瀬の湿原は、2つの山で挟まれているのですが、そのうちの一つ、至仏山にカメラを向けて写真を撮った一枚を、私の母親に見せたところ、
「この雲、龍、みたいやで」というのです。
 
 尾瀬から一カ月後のことです。
 大阪の南部のほうの「お客様」(自費出版希望)のところに出かけました。
 そのお客様は、僧侶であり、そのお寺は以前、廃寺になっていました。
 ですが、お客様が住職として、そのお寺を継ぐことになり、その顛末をお聞きしていたところ、このお寺は「八大龍王」が祀られているとおっしゃるのです。
 八大龍王の石碑も見せてもらい、参拝しました。

 それから1週間後のこと。
 新潟県の「お客様」(自費出版希望)のところにお伺いさせていただくことになり、アパホテル上越妙高に宿泊することにしました。
 すると、ホテルで光のイルミネーションというイベントをやっていたのです。そのイルミネーションのテーマが「龍」。何体ものきれいな龍を見せて現代的なアートの感覚で見せてもらえました。
S__333922310.jpg

 龍のイルミネーションをみた翌日。
 予定では、近くの妙高山をロープウエイで登り、山頂付近をトレッキングするつもりでした。
 ところが。
 当日は、暴風雨。
 なので、ロープウェイは休止となっており、妙高山トレッキングも止めざるを得ませんでした。
 代わりにどこにいこうか。
 神社詣でが、趣味の私は「長野県 神社」でネット検索してみました。
 すると、検索の結果は、諏訪大社が第一位に表示され、二番目に戸隠神社、と表示されたのです。
 そこで、戸隠神社についてさらに検索すると、3つほどの場所の離れた社で構成されており、もっとも由緒がある奥社にいくには、駐車場から山道のような参道を2キロも歩く必要があるとのことでした。
 この暴風雨に、山道2キロは、危険だ----
 そう判断したはいいものの、実際に参道の入り口に来てみると、
 同行していたYさんが、こういいました。
「これぐらいの雨、大丈夫ですよ」と。
 二キロの山道を往復で歩くと、最低でも2時間ぐらいはかかりそうです。
 登山やトレッキングは「怖がって、中止したり、引き返すぐらいの判断ができて、ちょうどいい」と思っている私は「取りやめ」、でもそういった知識のないYさんは「決行」となり、判断が分かれました。
 でも、私は彼女の判断を重んじることにしました。
 なんとなく、それが正解だったように感じたからです。
 そこから片道2キロの、山道をふたりで黙って歩きはじめました。
 やっと到着したその奥社の名前は「九頭龍社」。
 あとでわかったことですが、九頭龍は八大龍王のなかのひとつだそうですね。
 
 帰りの新幹線の上越妙高駅に到着して、ちょっと時間があったので、名残惜しく今日回った妙高山、戸隠山などを、駅の大きな窓から眺めていると
「あの雲、龍みたいですね」
 とYさんが言うのです。
 その雲は、たしかにそうでした。
 3週間前に、尾瀬でみた、あの龍の雲にソックリでした。

 3週間前の尾瀬での天気は、前日に、寒冷前線が透ったあとのものでした。
 戸隠神社を訪問したあとの天気も同じく、寒冷前線のあとのもの。
 上空はかなりの強風が吹きやすくなっていたと思われます。
 自然現象を科学的に分析すると、同じような天気で、同じような雲が現れるのは、偶然でもないですし、珍しいものではないでしょう。

 でも、これだけ「龍」が登場して、私はハッと気がついたのでした。
 ほんとに、ここまで気がつかなかったのです。短期間のうちに、
 尾瀬の龍、大阪の八大龍王、アパホテルの龍のイルミネーション、戸隠神社の九頭龍社、そして上越妙高駅での龍......

 考えてみれば大阪の「八大龍王」を祀るお寺にでかけたのは、お会いしたこともない、はじめてのお客様からの「どうしても...」という私個人へのご指命でした(不思議ですよね)。
 それに、龍をまつる戸隠神社へは当初の予定にはなく、天候が急変し、仕方がないのでお詣りしたという経緯があります。


 龍に導かれている?!


 鈍感な私は、神様から
「これでもか、これでもか」
 というほど、「龍」を見せられて「やっと」私はこの事実に気がついたのでした。
 
 ものの本によると、神社にお詣りするときに、雨が降ったり、天気が急変したりするのは、最高の吉兆だそうです(この後、調べてはじめて知りました)。

 また、神社にお詣りしたあとに、龍のような雲があらわれるのは、よくあることだそうで、これは龍神さんが「あなたが神社で願われたことを、後押ししますよ」というサインだそうですね。

 そういえば、私は神社にいくと、不思議なことに遭遇することが多いです。
 そのうちのひとつだけ、紹介しますと...。

 最近は毎年、伊勢神宮にお詣りにいくのですが、昨年のことです。
 内宮でアマテラス様に手を合わせたところ「御簾」がさっと、風にあおられたのです。
 
 この現象も、精神世界では、最高の吉兆とされており、神様があなたを「守っていますよ」というわかりやすいサインだそうです。
 たしかに、お詣りしたときは、風はまったくなかったのに、そのときだけ、内宮の御簾がさっと上がったのです。

 不思議な現象を、上げるのはもうこれで、よしておきます。
 言い過ぎると、信じてもらえませんからね。
 まだまだ、眉唾ものの体験というのは、ほんとうにたくさんあるのですが。

 最後にひとつだけ。
 なぜ、暴風雨なのに、戸隠神社行きを決行しようという、Yさんの意見を尊重したのか?
 それは、Yさんの目がまるで「龍のよう」だったからです(笑)。

 尾瀬での写真です。
IMG_0057.JPG


続きを読む

  • ライティング
  • ライティングブック
  • 鉄の掟
  • スタッフ日記
  • SNS
  • インスタグラム
  • 今日の一言
  • 企画持ち込み

075-467-8500お問合わせ資料請求自費出版
キャッシュバックキャンペーン