自費出版は京都、大阪のライティング株式会社へ
ご自身の本を出版するという大きな夢は、京都本社の自費出版社、ライティングにお任せください。原稿執筆から、印刷、流通までワンストップサービス。京都、大阪、そして全国のお客様のサポートをいたします。無料の自動お見積もりフォームも搭載しています。
皆様の出版される書籍が、世に広まり、読者にも喜んでもらえるようお手伝いいたします。
自費出版希望のお客様を「真摯に」「全力でサポートするサイトです
自費出版希望のお客様を「真摯に」「全力でサポートするサイトです
ぜひお問合わせください

ご挨拶

ライティング株式会社の高木伸浩と申します。

当社の最大の特長は、お客様に取材をさせていただき、文章を執筆していくことです。取材は最低1回、多いときは6回行うこともあります。

1回あたりの時間は2〜6時間でしょうか。取材を通してこれほどの時間、お客様と綿密な時間を共有していると、とても他人とは思えなくなります。ときには冒険譚に心を弾ませ、ときにはお客様が理不尽な目にあわれたことに同情したり憤慨したりします。こういっては何ですが、取材後は親子または親友になったような気分になり、毎回、離れ難い気持ちでお別れをしています。

私は、フリーの編集者&プロデューサーとして出版界にデビューしました。目標は100万部のベストセラーを連発することでしたが、数年たっても届かず、「自分は編集者としてダメかもしれない」と、出版業を辞めることさえ考えました。そのとき、自費出版のお客様を思い出しました。

幼いときにお父様と生き別れてしまった高齢の女性のお客様は、年齢的にはもう亡くなっているかもしれないお父様のために、自分の一生を振り返った自伝を自費出版されました。万に一つでも、父が私の本を手に取ってくれるかもしれない──そんな切なる願いが、その本には込められていました。

自費出版を決意されたお客様の本には、一冊一冊にドラマがあり、感動がありました。

取材を通して、自分一人では気づけなかった世界の豊かさを知ったこと、自費出版のお手伝いをさせていただくことの素晴らしさを再確認し、ライティングを立ち上げました。

自費出版をしようとお考えの方、ぜひ、私達にご一報ください。

みなさまと一緒に悩み、喜び、二人三脚で、本づくりを進めていきたいと願っています。

高木伸浩(たかぎ・のぶひろ)

書籍のライター、編集者、プロデューサーとして17 年間の経験と実績をもとに「個人・法人を問わず出版を希望されるお客様の夢の実現をサポートしたい」との想いから、2007年にライティング株式会社を設立。
数々の自費出版プロデュースに携わり、大阪、東京、そして地元の京都をはじめ、全国各地のお客様へのサポートを自分の使命と認識し、心から楽しんで仕事に取り組んでいる。

今日の一言

2020/06/16今日の一言 事務所前にて「ご自由にどうぞ」!

IMG_3317.JPG

コロナ、コロナでなかなか厳しい毎日が続きます。いかがお過ごしでしょうか。
おかげさまで、当社ではまだ、売上的には影響がでてきておりません。
ありがたいことです。m(_ _)m
まさにお客様あっての商売だということを日々実感しております。

それで。

お客様に支えられている当社から、すこしでも社会に貢献できることはないかと考えた末...。
貯まった書籍を、事務所前に並べてみることにしました。(^o^)

じつは。

私が個人的に読む小説、仕事で読まねばならない本で、自宅および事務所内は、本であふれかえっておりました。それでたまに古本屋さんにどさっと預けたりしていました。

でも。

近所の古本屋さんがつぶれてしまって、それもできなくなってしまいました。
さて、どうしようか、もうゴミ焼却場にいくしかないということで、これまで大量の本を捨てていたのです。

まったく、エコではないですね。
時代に反する行為です。
それで事務所前に置いてみることにしたのです。

50冊ぐらいずらっと並べてみました。
10〜15冊ぐらいは、すぐになくなってしまいました。

なかにはわざわざ事務所の扉をノックされて
「この本、ほんとうに持っていってよろしいのでしょうか?」
と、ことわりを入れてから、持っていかれる丁寧な方もいらっしゃいました。

捨てようと思っていた本が活用できて、それが社会貢献になって、二重のうれしさです。これからも本が貯まったら、このようにしてみようかと思っております!




続きを読む

  • ライティング
  • ライティングブック
  • 鉄の掟
  • スタッフ日記
  • SNS
  • インスタグラム
  • 今日の一言

075-467-8500お問合わせ資料請求自費出版
キャッシュバックキャンペーン