自費出版は京都、大阪のライティング株式会社へ

亀山哲郎・阿部慎太郎・白井達也・北野高規著『透明で目立たないマウスピース矯正"インビザライン"』


invizaline.png


2018.12.5
ライティングにて出版
並製 四六版
p.192 1400円(税別)


内容:
インビザラインとは、世界100カ国以上、520万人以上の患者が治療を受け、その96%が「治療結果に満足している」と答えた、最先端のマウスピース矯正です。
治療方法は、厚さ0.5㎜の透明なマウスピースを装着するだけ。通院も4カ月〜半年に1回程度で少なく、マウスピースを付けていてもほとんど周囲に気付かれないため、人前に出る機会が多い営業職や接客業はもちろん、海外の有名俳優も治療を受けています。
本書では現役の歯科医4名が、インビザラインの「人気の理由」余すところなく紹介。さらに、歯並びの悪さが引き起こす心身への影響や、抜歯治療と非抜歯治療の違いなども説明し「なぜ歯科矯正が必要なのか」を丁寧にお教えします。


当社からのコメント:
日本人は歯並びが悪くても「病気ではない」「矯正のワイヤーをつけたくない」と、放置しがちです。しかし歯並びの悪さは肩こりや頭痛などの体調不良を引き起こし、見た目のコンプレックスから他者とのコミュニケーションにも支障をきたす恐れがあります。
歯並びを治せば、体の調子が良くなり、コンプレックスからも解放されて、人生が変わります。
インビザラインのように「矯正器具をつけていても苦痛ではない」治療が存在することを多くの方に知ってもらって、悪い歯並びを1日でも早く治して、幸せな人生を送っていただきたい......それが著者の、本書執筆の動機でした。
出版のお手伝いをさせていただき、インビザラインについて知れば知るほど、私もまったく同じ気持ちになりました。多くの方に手に取っていただけることを、願っています。





戻る